オカリナについて

◎オカリナは陶器でできた笛

オカリナ
オカリナ

オカリナは、陶器でできた楽器です。

木製やプラスチックでできたものもあります。

出身地はイタリアですが、12穴が開いた楽器としてのオカリナは日本人が考案したものです。

 

素朴な音色が、賛美歌を吹くのにも手ごろです。

牧師も趣味で吹いています。

さまざまな音域のオカリナがあります。

音がでやすいのは、ソプラノのF調です。

簡単に音がでますが、何年吹いてみても難しい楽器ですね。

同じオカリナでも吹く人によって音に違いが大きくでるのです。

体全体を楽器ととらえるべきなのでしょうね。

奥が深いのかもしれません。


 

Noble-AC管 プラスチックオカリナ

オカリナで賛美歌

www.voiceblog.jp/teruo/

オカリナAC-PL
オカリナAC-PL

オカリナを選ぶのは大変に難しいと思います。

オカリナのプロ演奏を聞き、オカリナを購入しても、選択を間違いレッスンをさぼるようにもなります。

アルトのC調の場合、高いファの音がでないケースもありました。

初心者にも長く吹いている人にもお薦めてせきるのが、プラスチックでできた写真のオカリナなのです。

韓国産のオカリナなのですが、プロのオカリカ演奏家である大沢さんが関わっているとか。

定価3000円に消費税で購入可能です。

10-holesというネット通販の店です。

紹介する理由:音が安定している。高音のファまで安定して発音する。音がよい。軽いしワレナイ。安い。個人的には、長く使ってみたい一本です。

オカリナを扱う通販で購入しました。

 

 

 

下記のブログでもオカリナが聞けます。

www.voiceblog.jp/teruo/

古い讃美歌で、著作権が消失しているものだけを演奏しています。

JASRAC のデーターベースで確認しています。

神の御子にますイエス F調
ANNIE LAURIE アニーローリー に日本語の歌詞をつけて教会で歌っています。新聖歌397 神の御子にますイエス。(版権フリー)
sin397B.mp3
MP3 オーディオファイル 485.0 KB
久しく待ちにし C調
15世紀の古い曲。教会ではクリスマス、待降節によく賛美します。
sin68.mp3
MP3 オーディオファイル 480.8 KB
罪 咎を赦され C調
ファニークロスビーの作詞した曲で、今も教会でよく歌われています。
sin266c.mp3
MP3 オーディオファイル 437.2 KB
御霊よ降りて C調
100年以上も前に作られた賛美曲。御霊とは聖霊のこと。聖霊降臨(ペンテコステ)のときに歌いました。
sin136b.mp3
MP3 オーディオファイル 524.9 KB
十字架の血に C調
本当によい曲は、時代を越えて愛されると思います。賛美歌の歌詞を味わいながら、吹いています。
sin45.mp3
MP3 オーディオファイル 368.9 KB
慈しみ深き C調
慈しみ深きは、賛美歌の中でも有名です。機会あるごとに歌われるポピュラーな賛美歌ですね。
sin209.mp3
MP3 オーディオファイル 438.7 KB
野の花を見よ
琉球民謡に賛美歌詞を付けたものです。
013M_090324_0328.mp3
MP3 オーディオファイル 446.5 KB
弱き者よわれにすべて C調
日々、弱さを感じていますが、憐れみにより強められています。
sin232.mp3
MP3 オーディオファイル 751.2 KB