都賀川散歩道

私の散歩道は、都賀川です。俗には、大石川とも言います。一雨降ると、山から海へと水かさが増します。公園の草木にも目をやりながら、健康維持に努めています。カメラ片手に、撮り歩きです。

 

  ウィキペディア 都賀川の記事があります。

ツユクサ  10.8.25

ツユクサ
ツユクサ

いわゆる野草ですから、日ごろは意識することなく見ていると思います。

デジカメで接近して撮りました。

どうです。

いい表情していると思いませんか。

庭で育てようとは考えませんが、いいです。

この青色もいいです。

花の寿命は短いのがちょっとですね。

セミの抜け殻  10.7.21

セミの抜け殻
セミの抜け殻

豪雨から猛暑へ。

我が家では、節約のためにクーラーをほとんど付けません。

夏の風物詩は、セミの声ですね。

鳴いております。

公園には、セミの抜け穴を発見します。

案外と、こんなものを見つけて喜んでいるのですが……。

散歩は長くお休み中  10.7.14

濁流
濁流

各地で大きな被害がでているようです。

川は濁流状態です。

九州など大変な被害がでてきています。

自然の猛威の前には、なす術もなしですね。

雨上がり蝶との出会い 10.7.10

キタテハ
キタテハ

雨上がり。

川は増水で、もうこれ以上は降らないでと、叫びたくなります。

各地で被害がでています。

祈らずにはおれませんね。

久々に、公園辺りを散歩しました。

キタテハがお迎えしてくださいました。

向こうも散歩  2910.7.6

ハト
ハト

私の散歩コースには、ハトが群れています。

人慣れしているしているというか。

少々近づいても逃げようとはしません。

彼らに挨拶をするつもりもなく、特別扱いもしません。

豆をもって、気を引くこともしません。

それでいいのです。

それが私とハトとの関係です。

もう夏なんですよね  2010.6.29

ヒルガオ
ヒルガオ

帰化植物なのでしょうか。

もともと日本にあった植物なのでしょうか。

タンポポにもニホンタンンポポもあれば、セイヨウタンポポもあります。

セイヨウタンポポの勢力が拡大しているとか。

ともかく、ヒルガオは野性味があります。

じっと見ているといいものです。

他の花色はないのでしょうか。

アサガオとヒルガオは交雑しないのでしょうか。

 

追記:アサガオとヒルガオは交雑しないことがわかりました。雑草扱いで、主根草です。タネはめったにできないそうです。恐ろしや。

大雨 散歩はあきらめ  2010.6.26

都賀川濁流
都賀川濁流

今年は、雨が多いような気がします。

いつもの散歩道は、このとおりビチョビチョです。

雨の散歩もいいのですが、あっという間に水量が増すことも。

注意報、警報がでている時は、近づいてはなりません。

白いユリ    2010.6.11

白いユリ
白いユリ

都賀川、阪神大石駅が見えるところの橋を渡り終えると、公園の一角に白ユリが咲いています。

純白のユリは、見る者の心に訴えかけるものがあります。

前日の10日に撮ったものです。

ユリの花は好きでも、葬式の飾り花に用いると、匂いが強いこと、もう一つ花粉が多くて、花に触れると、なかなか取れないことです。

石垣に多肉植物 2010.6.9

多肉植物
多肉植物

石垣のほとんど水分がないと見えるところにも、花を咲かせている植物があります。

驚かされるのです。

体に水分が溜め込める多肉植物は、このような過酷ともみえる場所で勢力を広げています。

お見事。

幸いか不幸せか 2010.6.8

金魚
川の金魚

都賀川は、一雨くると流れが早く、水量も増します。

とても、ひらひらと泳ぐ金魚の住める世界ではないと思うのです。

空からは赤い目立つこの魚に、鳥の餌食になるのではないでしょうか。

きっとだれかが、川に放したのでしょう。

金魚にとって、幸せなのか、不幸なのか。考えさせられました。

チェリーセイジ 2010.6.6

チェリーセイジ
チェリーセイジ

都賀川を挟み込むように公園があります。

そこには、さまざまな植物が植わっていて、道行く人の目を楽しませてくれます。

私が好きな植物が、写真のチェリーセージです。

小さな花なのですが、白と赤は、日本の国旗のイメージですか。

花の形も印象的です。

阪神大石駅  2010.6.5

阪神大石駅
阪神大石駅

阪神大石駅の一部が都賀川にかかる橋にまではみ出ています。

この橋は、1995年1月17日の阪神淡路大震災のときに、大きな被害をうけています。

過去に何もなかったように、ほとんど跡形も残っていないように見えます。

歴史的な惨事であっただけに、後世に伝える義務があると思います。

梅雨の季節になると 2010.6.2

都賀川
梅雨に入ると

今年は、例年になく雨が多いです。梅雨の季節を間近にしていくすが、中小河川は大変です。

激流にのまれて、亡くなった人もいるくらいですから。

鴨が遊びに  2010.6.1

アイガモ
アイガモ

おそらく渡りをやめた鴨なのでしょう。

都賀川に数羽います。

 

水鳥が遊ぶ風景はいいものです。

人に慣れているようでも、向こうは私との微妙な距離を保っているようです。

 

おもわず、「カモン」と話しかけましたが、ダメだったカモ。

笑って

一雨くると水かさが  2010.5.30

都賀川
都賀川

六甲の山並みを源流として海までの距離が短いので、一雨くると一度に水量が増します。2年前には、水難事故で5人が亡くなりました。こんな川でと思うのですが、あなどれないです。山の天気と、下流域は違うのです。雨の日の散歩は、水量を注意する必要がありますね。

キンシバイ 2010.5.28

キンシバイ
キンシバイ

阪神大石駅近くの公園には、キンシバイが植わっています。開花を始めました。オシベの数を数えたことはありませんが、驚くほどの数です。

 

追記:あっという間に花は終わってしまいました。6.15

サクランボが 2010.5.28

サクランボ
サクランボ

都賀川の川筋には、小さな公園がふります。今年のサクラは、例年になくサクランボを付けています。小さな実で佐藤錦にはおよびませんし、食べられるのかどうかもわかりません。目の保養にはなります。実ものいや(見もの)ですね。

杣谷川(そまだにがわ)ダム 2010.5.27

杣谷川ダム
杣谷川ダム

このところ雨がよく降る。長峰霊園には教会の墓所があります。近くの石材店の所要の待ち時間に都賀川の上流に行きました。といっても、石材店のとなりにあるのですが……。写真のようにダムといえるかどうか。いつもより水かさが多い。水の音は何とも心地よいものです。新緑が美しかったです。