芍薬のツボミ

芍薬のツボミが膨らんできているところを取りました。

「立てば芍薬座れば牡丹」ですね。

美人の姿をたとえたことばですね。

 「歩く姿は百合の花」となるわけですね。