フォローアップ45

関西フランクリン・グラハム フェスティバルは、昨年の10月に終わりました。

「終わった」との表現は、必ずしも正しくはありません。

 

それは、現在はそれぞれの教会においてフォロー・アップが行われているからなのです。この、フォローアップも、今フェスティバルは大切にしているのです。

 

フェスティバルを100としたときに、フォローアップには45パーセントのウェイトをとの理解が示されています。フォロー・アップの担当者としては、現在も奮闘しています。

 

関西の12府県に、フォローアップ・コースを展開中です。私は、3月3日に明石人丸、5日に高松新生、7日には岡南教会で、インストラクターの奉仕をします。